お風呂場で即効性のあるスピード足湯

1日5分の足湯で体調の変化を即実感できます。とにかく手軽に毎日続けられる方法をご紹介します。

とにかく冷えやすい手足

体で心臓からもっとも遠いところに位置する手足はとにかく冷えやすいです。理由には、寒い環境、筋力不足、血行不良、循環不良、ストレスなどが挙げられます。

手足が冷えていると、不眠や体調不良、気分の落ち込み、免疫低下、しもやけと、体に悪いことばかりですね。

女性に多い冷え性、最近では男性や子供にまで増えているとか。

とにかく体を温めて、体調や気分の変化を実感しましょう!

 

足湯の即効性

最も心臓から遠い手足を温めるには、足湯が一番早いです。足湯ができる環境になければ、ホッカイロや湯たんぽでもよいのですが、もしも5分時間があったら、足湯をしてみましょう。ぶるぶる震えて暗い気分だったのが、5分後にはすっかり体が温まって、気分爽快になっていますよ!

足湯を毎日続けることで体調も変化します。私も妊娠中に毎日2回実践していて、ずいぶん助けられまし、出産もとても楽でした。妊婦の方にもお勧めです。でも無理の無い範囲で。無理は禁物です。

 

足湯をする場所

もっと手軽な足湯器は?

おしゃれな足湯器があれこれ販売されていますね。中にはジャグジーみたいなの、アロマを使えるもの、いろいろ工夫が施されています。

でも、これどこで使われますか?リビングルーム?ご自分の寝室?ソファの上で読書やテレビを見ながら?

おしゃれ気分には浸れるけれども、湯をそこまで運び、湯が冷めてきた時に注ぎ足す熱めの湯も用意し、さらにそれを片付ける。はね防止にタオルも下に敷かなくては。気を抜いたら、片付けるときに湯を床にぶちまけてしまうかもしれない。

大変な一仕事ですね。これではなかなか続かないのではないでしょうか?

湯の入った重たい足湯器を運ぶのをエクササイズととらえればよいのでしょうが、気軽にできることでは決してありません。

私もプレゼントにいただいたことがありますが、その大変さに数回使っただけでした。

 

お風呂場での足湯提案

私は足湯をしょっちゅうやっていますが、やるのはお風呂場です。使うのは、シンプルな、足が入るくらいの高さ 20 cmくらいのプラスチックの容器。浴槽の縁に座って、浴槽の中に器を置き、そこに直接お湯を蛇口から注ぎます。お湯の温度が下がってきたら、熱いお湯を蛇口から容器に直接注ぐか、手元に用意しておいたカップなどを使って注ぐだけです。おしゃれではないけど、とにかく手軽です。

さらに、終わったら、そのまま器をひっくり返してしまえば、片付けも簡単。気になるのなら熱湯などをざっと流しておくと衛生面も安心です。重曹を少し使ってもいいですね。一切の手間はかかりません。

下記のやり方は、疲れ、眠気に即効的な効果があります。冷え性や風邪の引きはじめにも効果があります。5分であっという間に済んでしまいますので、時間がない方でも大丈夫。

リラックスするための気持ちのいい足湯ではなく、体の温度を上げるための足湯です。

就寝前にはどうかな、と思います。やってみたことはありませんが、寝つきが悪くなってしまう可能性もあります。

足が冷えているために寝付けない方は、ぬるめのお湯で10分から15分を試してみましょう。塩浴もお勧めです。活性炭と塩浴、チベット体操がすごかった!カナダでの体調不良、冷え性に効果あり!

 

元気になる即効性のある足湯のやりかた

両足が入るくらいの、高さ15 ~ 20 cm くらいのプラスチックの器を用意し、浴槽の中に置きます。

タオルと靴下も手に届くところに用意してください。

浴槽の縁に腰をかけます。冷たく感じるのなら、タオルなど下に敷いて下さい。

 

器に少し熱めのお湯を入れます。手をいれてみて、少し熱いかな、くらいがいいと思います。

両足を入れます。温度に慣れてきたら、少しずつ熱いお湯を気をつけながら注ぎ足します。お湯が多少あふれても大丈夫。

慣れてきたら、もう少し熱いお湯を足しましょう。

これ以上我慢できない、という少し手前までできるといいです。でも無理の無い範囲で。できる限り温度を高くしてください。

 

5分位したら両足を湯から出して比べてみてください。両足は真っ赤ですね。赤みは左右対称でしょうか?よく見ると大抵はどちらかが赤みが強く、一方は弱いです。

その場合は、赤みの弱いほうだけもう一度お湯に戻し、必要ならお湯を注ぎ足してください。

その間に、もう片方の足は冷めてしまう前にタオルで水気を拭いて靴下を履きます。

(難しいようでしたら、もう一方の足をお湯から出す直前に、一旦お湯に戻して温めなおした後、両足を一緒に出してもいいと思います。とにかく湯冷めをしないこと。)

1分くらいしたら、もう片方の足も拭いて、なるべく早めに靴下を履きましょう。

 

どうでしょう。気分爽快になられて、お仕事でも家事でも元気にこなせますね!

私はこれ妊娠中に毎日2回実践していました。妊婦の方にもお勧めです。でも無理の無い範囲で。無理は禁物です。

塩や、重曹、クレイなども入れると、それぞれ効果的ですが、お湯だけでも十分効果があります。住んでいらっしゃる町が硬水ならば、重曹を入れるとお肌に優しくなります。

おすすめの記事