インナーチャイルドの癒しからアカシックレコードへ♪

こんにちは~♪カナダ発Crystal LotusのAsamiです。

西暦2022年、人類紀元では12022年の初投稿です。

遅ればせながら明けましておめでとうございます。一説には節分が節目と聞きますので、かろうじて大丈夫でしょうか?(笑)。

2022年になりこの一か月記事は書いていたのですが、なぜか公開する気になれず。記事を書いても公開しない、未公開記事が溜まる毎日でした。

なぜ公開できないんだろう、と不思議に思っていましたが、何かに止められている感じ。そのタイミングではないんだな、とただただ書き溜めていました。

その一方で、日本の方とほぼ1日置きにZoomでお話する毎日。お話したり、アドバイスすることは見事に自分へのメッセージでもあり。「周りは自分の内面の反映」を実感していました。

そして学びや気づきの毎日を送る一方で、新たな学びも始まりました♪

 

とにかくインナーチャイルドの癒し

「とにかくインナーチャイルドを癒すこと」

この一か月、何回同じことをいろんな人にお伝えしたことか(笑)。

私自身はもちろんなのですが、自分の心に蓋をして我慢をしている人が世の中には本当に多いのです。特に日本の方はその傾向が強いのではないのでしょうか?

この世の中はご自身のインナーチャイルドがちゃんと癒されていれば、ころりと楽園になってしまうのです。これには論理的な理由があるのですが、これはまた別の機会に。

かつて「人を幸せにする名人」と謳うタロット占い師さんに、私は「我慢も趣味ですから」とさじを投げられてしまうほど、自分をないがしろにする人間でした。

こんなこと言っちゃいけない、自分さえ我慢すれば、周りがこう思うから、そんな思いで、自分の本音なんてとにかく無視。毎日、周りを優先するのが当たり前の日々でした。

その結果、何が起きたか。

体が悲鳴を上げてしまいました。自己免疫疾患という対症療法しかない、完治することはないと言われる難病に悩むことになり、不眠にも悩まされました。

病院に行っても対症療法の強い薬を処方されるだけです。西洋医学には頼りたくないと自然療法をあれこれ10年近く試した結果、思いもかけずその中の一つが効いてくれて、お陰様で症状は治まりました。

自分をケアできるのは自分だけ。家族でも病院でもお医者様でもありません。自分がしっかり自分を大切に優先しない限り、インナーチャイルドが反乱を起こし、体が悲鳴をあげるのも当たり前なのです。

二度の妊娠、出産を通して、そんな当たり前のことに気づかされ、スピリチュアルを学び始めてもう10年以上が経ちました。

 

脱皮の時期

昨年、ご縁のある方々に、Asamiさんは脱皮の時期だよ、と言われて数か月。

何が起きるのかな、と楽しみにしていたのですが、特にこれと言って何も起きず。緩やかな気づきは日々ありますが、激変とはいきませんでした。

そして迎えた2022年。1月の間は、ほぼ1日置きにZoomで日本の方とお話をすることになりました。その回数の多さは今振り返ってもびっくりです。

セッションを提供したり、逆に受けたり。スピリチュアルや起業やビジネスのことをお話したり、セミナーにも参加したりとなんとも忙しい日々でした。

そして同時に気分の起伏もものすごく激しくて。

落ち込んだ時、気分が沈んだ時には、決まってインナーチャイルドが顔を出していました。必死に訴えるインナーチャイルドの声に耳を傾け、ただただ肯定する日々。

そんなかなりしんどい期間を二週間も過ごした頃、タールのようにどろどろに凝り固まったものが地球に流れていくのを感じたのです。ドロドロですのですんなり流れていかず、体の中には残滓がたっぷりです。排水溝をお掃除するイメージで、光をたっぷりと注いで、体から地球の中心へと伸びるパイプをゴシゴシとこそげ落として、ようやくすっきりしました。

大分すっきりしたとは言え、それでもまだまだインナーチャイルドの癒しは完了していないようで(笑)。

残りのお掃除は周りの方々とのご縁で行われることになりました。

 

周りは自分の内面の反映

周りは自分の内面の反映。自分の地球には自分がいるだけ。

頭では分かっていても、まだまだ心を揺り動かす衝撃的なことが起きると、ついつい事象に揺さぶられ続けてしまう(笑)。これも地球に住む醍醐味だよね、と思いつつも、嵐の真っただ中ではそんなことを考える余裕もありません。

そんな時に助けていただいたのが、この一か月の間にお話をさせていただいた方々です。

何気ないお話やセッションを通して、その方たちにお伝えするメッセージは、見事に自分自身へのメッセージでもありました。

そしてその方々がシェアしてくださった出来事もまた自分自身の気付きへとつながり、周りは自分の内面の反映とつくづく実感し、自分一人では気づきえなかった多くのことに、世の中はなんともうまくできている、と改めて感謝したのです。

 

戻ってきた夕日

11月後半頃から、日がどんどん短くなり、西向きに位置するリビングへ夕日の光が差し込むことはなくなりました。夕日は家の前にあるハイスクールの校舎の向こう側に隠れるようになってしまいました。

日照時間がどんどん短くなり、それと共に少しずつ私自身の陰も増えてきて、落ち込む時間も多くなりました。

そして、この1週間ほど、1月後半になって、夕日が再び顔を出すようになったのです。

この夕日が隠れていた期間は私の中の陰、溜まってしまったブロックを徹底浄化する期間だったんだな、と改めて気づかされました。

自分の中の陰もただただそのまま受け入れて流していく。なんとも多くの学びを得た期間でした。

 

アカシックレコードの学び

日本語で学んだほうが楽だし分かりやすい。そんな理由でずっと英語での受講を避けてきたのですが、ふと英語での講座も覗いてみようと思ったのが1月中旬のこと。

本当に理解できるのか、少なからず緊張しつつ無料動画をチェックしてみると、意外なことに日本の講座よりも論理的で分かりやすいのです。字幕もあり、内容も所々でまとめてくれる上に繰り返し説明してくれるので落とし込みやすい。その分かりやすさに感動し、即受講を決めました。

今回ご縁があったのはアカシックレコード。アカシックレコードは昔からすごく惹かれていたのです。本も少なからず読みましたが、習得することはできませんでした。

動画の内容は盛りだくさん。もちろん分からない言葉はいっぱいです。でもこれは日本語でも同じなので、気にせず、なんとなく文脈から読み取っていきます。

資格修得のためにモニターが必要とされていますが、お陰様で2時間も経たない間に必要人数が集まってしまいました。たまたまお話していた方にお願いしてみたら、皆さん、快く快諾してくださったんです。タイミングもバッチリ。有難いことですね♪

5年以上前にスピリチュアルコーチングを受講した際、モニターが集まらず、資格を得られなかったことを考えると夢のような話です。

アカシックレコードでは、魂レベルであなたについて、あなたの本当の才能について、その活かし方、なぜ活かせないのか、望むものを得る方法などを見ていきます。3月末にはセッションを提供できる予定ですので、ピンと来た方はぜひご一考くださいね♪

準備が整いましたら、カナダ発Crystal Lotusのホームページにてお知らせをいたしますので、ご縁のある方はどうぞよろしくお願いいたします♪

おすすめの記事