無意識チャネリング&過去世とマインドの罠について

こんにちは~♪カナダ発Crystal LotusのAsamiです。

今年に入って、記事の公開が滞っていたのですが、アカシックレコードのセッションを開始してからは、ほぼ毎日記事が公開できています。

それまでは記事を書いても、最後の『公開』ボタンを押すときにどうしても気が乗らず、やめた!となっていたのです。そんなことがずっと続いていました。

昨日の記事では、閲覧数が極端に少なかった記事を読んで、ご連絡してくださった方について書きました。ここにヒントがあったようです。

お友達曰く『新しい扉が開いた』ようです。本当にそんな感じ。最近は順調に記事公開できています。

今日ふと思いついて書くことも、どなたかのお役に立つ、そう確信しています♪

つらつら気の向くままに書いていたら、マインドの罠についてもいっぱい書いてしまいました(笑)。

 

メルマガと読者

今はもう購読は止めてしまいましたが、その昔、海外在住でアロマを扱っていらっしゃる日本人女性のメルマガをよく読んでいました。その後、能力開花してスピリチュアルの分野でも活躍されるようになった方です。

この方がメルマガを始められて、ふと思いついたことを書くと、読者の方から「それ私のことですか?」とか「ちょうどそれについて思っていました!」と反応があるとのこと。

毎回そうなるのだそうです。

別の先生も同じようなことを仰っていました。PCの前に座ってメルマガを書き始めると、それがほぼその日のクライアントさんのテーマと関係するのだと。

 

無意識にチャネリング

リーディングの先生に、常時チャネリングができるのが理想、と言われた時に、そんな風で大丈夫?と心配になりましたが、先生の説明は本当に論理的。地に足がしっかりついたスピリチュアルなので、信じないわけにはいきません。

他の方々のメルマガのお話を思い出して、私も読者さんの意識を読み取っているのかもしれない、と思いました。

無意識にチャネリング状態でしょうか(笑)。

件の記事も、書いてはみたものの、それは他の人についての記載がありました。許可がいるよね、と思って聞いてみると、嫌がられてしまいました。

その時は、そっか、残念と諦めたのですが、数時間して、この記事絶対に公開する必要がある!と思いなおし、再交渉。なるべく話をぼかす、ということを条件に、記事の公開に同意してもらえたのです。

そして閲覧数は少なかったけれど、その記事に関してご連絡をいただきました。

私はその方の思いを読み取っていたんだろうなあと思います。

公開できたものは必要とされていたもの、できなかったものはまだ必要とはされていないもの、なのかなと。

となると、もうブログ分析のためのGoogleアナリティクスもFacebookのいいね!も気にする必要はなくなりました。必要な方のもとに必要なものが届く、そういう風にできてるんですね♪

なんともシンプルです♪

 

シンプル化

アカシックレコードで見た私の才能の一つがシンプル化です。

それを知った時に「え?」と戸惑いましたが、どこかで納得していました。

とにかく面倒で複雑で、意味を見出さないものには抵抗があります。仕方なくお付き合いすることがほとんどですが、本心では気が進みません(笑)。

マインドは好奇心旺盛。複雑なものに惹かれる傾向があるのでしょうね。

人生はもっと簡単でシンプルでいい。アカシックレコードに出会ってからは、特にそう思っています。

もちろん自由意志ですので、複雑怪奇で難しい問題に必死に取り組むのも、それはご本人の自由です。

ただ5次元意識から見ると、目の前に何が展開されていてもそれはご自身が選んだこと、その意識だけは持っていてほしいなと思うのです。

全ては自分が創造した。この意識を持つことで、心がすっと楽になります。

 

マインドの罠1

アメリカ発アカシックレコードリーディング『Soul Realignment(ソウル・リアライメント)』でみていく魂はいくつかに種類分けされています。この点は占星術や易などの占いと同じですね。

何人かのクライアントさん達と接し、中には同じ魂グループに属する人がいらっしゃいます。そして、その方々には共通点があるんですね。良くも悪くも似たような行動をされるので、びっくりです。

5次元視点からみると良い悪いは全く関係はありませんし、共通点があるのは同じ魂グループなので当たり前なのですが(笑)。

魂グループは、創始者が自らのセッション経験から独自に創り上げたものです。

セッションでは、内容はお伝えしているけれど、あえて名前はお知らせしません。いったん知ると、好奇心で検索する人がいるというので(笑)。

あくまでこのメソッド独自のものですので、たまたま同じ名前が存在していても、それは全くの別物。混乱のもとになるそうです。

マインドはとにかく好奇心旺盛。罠に引っかからないように予防線は張ってあります(笑)。

 

マインドの罠2

マインドの罠2です(笑)。

セッションでは過去世についても見ていきます。これが全てではないのですが、避けては通れないものですね。

リーディングで出てくるカルマやブロック、制限は、今世で創り上げたものもありますが、過去世から同じパターンを繰り返しているものもあります。

リーディングで出てきたものはもう手放す準備ができたもの。それをクリアリングしていきます。

今世については、ブロックができた年齢をお伝えして、クライアントさんと一緒に謎解きをしていきますが、過去世については私が簡単に説明していきます。

いくつ前の過去世か、性別と仕事、誰とどんなことがあったのか、どんな背景でそのブロックを創り上げたのか。

ここで大切なのが、詳細は大切ではないということ。どんな過程でどんなブロックを創り上げたのかを知ってほしいのです。

毎回聞かれるのが、いつ頃ですか?西暦何年くらいですか?どこの国ですか?

調べられなくもないのですが、重要ではないので、リーディングでは敢えて調べていません。

これもマインドの罠です。ブロックを外すには必要以上の詳細は必要ではありません。それよりもブロックそのもの、そして創り上げた過程を知り、手放していく方が大切です。

マインドは好奇心旺盛。一度知りたいと思うと、もっともっと情報を欲しがります。際限がありませんし、ブロックを外すためには逆効果。シンプルなはずのプロセスを複雑化してしまいます。

興味があるのは分かるのですが、ここはじっと我慢。ブロックをまずは外していきましょう♪

 

マインドの罠3

マインドの罠3。さらに続きます(笑)。

次は過去世についてです。

マインドはとにかく好奇心旺盛。

過去世について教えてくださる方達がよくいます。いつどこで何をしていたか、詳細に。

でも、それはあくまで過去世であって、今の世ではないのです。

5次元以上に存在する魂の視点では繋がりはあるのですが、3次元の肉体、4次元のマインドの視点から見ると、今世とは無関係です。なのであまり深入りしない方がいい、というのが私の個人的な意見です。

過去世が出てくるのは、そこで創ったカルマやブロックを手放す用意ができているからと、私は捉えています。

過去世についてはもっともっと知りたくなる。これもマインドの罠ですね。人はとにかく知的好奇心を満たそうとしがちですので。

過去世話は気になるし、楽しくもあるのですが、参考程度に。お酒の場やパーティーでの話のネタくらいに考えておいたほうが、今世に心行くまでフォーカスできてよいと思います♪

 

セッションご案内です。

本来の自分に戻る!アカシックレコードリーディングにご興味おありの方は、セッションの内容や効果、お支払いや質問など、全貌をまとめた「アカシックレコード リーディング『魂の言の葉紡ぎ』ご紹介ページ」もご覧ください。

ピンと来た方はぜひご連絡くださいね。質問やお申し込みは、HPの「お問い合わせ」からお気軽にどうぞ。

Add friend

おすすめの記事