自分の才能は自分では分からない&能天気で笑顔がおすすめの理由

こんにちは~♪カナダ発Crystal LotusのAsamiです。

昨日はブログが公開できず。最近、普通に公開できていたので珍しいな、と思っていたのですが、このところ慌ただしくて学びが遅れていたので、ちょうどよくもあったのです。久しぶりに教材を開き、力強い太陽を愛でてのんびり過ごしました。

今日もそうかな、と思っていたら、ふと降りてきました。思いつくままに綴っていたら、セッションを効果的に受け取るコツ、のようなものになってしまいました(笑)。

 

過去世セラピーではありません

『魂の言の葉紡ぎ』セッションでは、過去世にもアクセスするけれど、それが全てではありませんし、メインでもありません。

確かに過去世にアクセスして劇的に現状が変化する人もいると聞きますね。そのような効果をお望みでしたら、ヒプノセラピーなり、過去世セラピーなりの方が効果的だと思います。

『魂の言の葉紡ぎ』セッションで目指すところは、本来の自分に戻って生きること。

本来の自分に戻れば、心を思い煩わす、全てのあれこれは些末に思えてきます。自分自身に集中することで、他人の言動は気にならなくなるんですね。

ですので、現状の問題解決をメインにご希望される方は、他にも最適のセッションがいっぱいありますので、ぜひ調べてみてくださいね♪

 

素直さが鍵

クライアントさん達とお話していて思うことは、素直に受け取ってくれる人ほど効果が高い。

皆さん、いろいろと学ばれたことがあって、その知識を披露してくださることもあります。でも、せっかくご縁があってセッションを受けてくださったので、他のあれこれは一旦脇へ置いていただき、提案する方法を試していただきたいのです。

それでスッキリ変化すればよし。もし効果がなければ、その後で、別の方法を試されるのでもよいと思います。あれこれ難しいことを考えるのもその時に♪

 

能天気で笑顔もOK

少し高めの価格を設定しているのは、エネルギー交換のため。差し出したものが受け取れるものです。

ですので、気楽に受けられる安価なセッションでは十分効果が感じられないと考えて、価格設定をしました。最近は円安という事情もありますが(汗)。

でも・・・・

必要以上に期待をされるのは、う~ん、と思うのです。

この世は自由意志であり、全ては自分が決めたこと。自分が決めたことに対しては、自ら責任を負う覚悟が必要となります。

現状をお話いただく方もいっぱいいらっしゃいますが、それらはすでに起きたこと。3次元に肉体がある以上、現在や過去は変えられません。

いろいろ思い悩むことはあるのでしょうが、今ここで起きていないことであれば、一旦それらは脇に置いて、ご自身の魂のエネルギーに沿った選択や行動を第一に考えてほしいな、と思うのです。

もっと気を楽に。能天気に考える♪も全くOKだと思うのです。

まずは笑顔から始めてみるのはいかがでしょうか?笑顔になると、身体の強張った筋肉も、エネルギーもほっとゆるんできます。リラックスして氣も流れ始めます。

難しいことに集中していると、常に緊張状態、どんどんそのような状況を目の前に展開させることになってしまいますので、ご注意ください。

 

視点を変えてみる

ブログでも何度かお話していますが、本当の才能とは、実はご自身には普通すぎて、がっかりされることも多いです。「才能」というと、いかにもキラキラ輝いているように思えてしまうんですね。

中には、過去世や今世であまりにも傷つきすぎてしまい、ご自身の才能を隠してしまった方もいらっしゃいますが、このような方は例外です。ご自身の才能からあまりにも遠すぎる生き方をされているので、まずはできることから、とお勧めしています。

本当の自分はとかく自分では分からないもの。

太陽は、雲が時折覆うからこそ、その光が鮮明に分かります。魚は海から出ない限り水を認識できません。空気も然りです。

その場を離れて、視点を変えて、初めてその存在に気づくのです。

ご自身が普通に当たり前にできることは、他の人ができない素晴らしい才能だと分かっていただきたいな、と思うのです。この才能を使っていけば、アバンダンス(あらゆる方面の豊かさ)が開けてきます♪

ただ、ご自身の魂のエネルギーに一致した行動、選択も積極的にしていただくよう、お願いいたします。くれぐれもクリアリングですっきり♪で終わりませんように(笑)。

 

セッションご案内です。

本来の自分に戻る!アカシックレコードリーディングにご興味おありの方は、セッションの内容や効果、お支払いや質問など、全貌をまとめた「アカシックレコード リーディング『魂の言の葉紡ぎ』ご紹介ページ」もご覧ください。

ピンと来た方はぜひご連絡くださいね。質問やお申し込みは、HPの「お問い合わせ」からお気軽にどうぞ。

Add friend

おすすめの記事