現実を変えたい!スピリチュアルとししおどしの原理

こんにちは~♪カナダ発 Crystal Lotus のAsamiです。

先日のライオンズゲートは強烈でしたね。私も不測の事態が起きてしまいました。かなり強烈で精神的なダメージも大きかったです。

でも、振り返ってみると、ヒントはあちこちに点在していたのに、忙しさのせいで目を背けていたところ、強制終了になったという感じです。どう考えても変えた方がよいのに、安易だからととりあえず現状維持をしていたこと。強制終了になったのも納得ではあるのですが(汗)。

すべては自分が創り出した。一つ一つの事象に振り回されないように、エネルギー的にもう不要なものには執着せず、高い高い視点から俯瞰して手放していきたいと思います。

今日は意図を叶えることについて。どのようにエネルギーが現実を変えていくのか、「鹿威し(ししおどし)」を例にお話をしていきたいと思います。

 

意図を叶える力

アカシックレコードリーディング『魂の言の葉紡ぎ』では、クライアントさんの魂の本質のエネルギーをお伝えする他、意図を叶える力をどの程度お持ちなのかもお伝えしています。

中には、感心するほど意図を叶える力の強い方もいらっしゃいます。意図は叶いやすい方ですか?とお伺いすると、確かにそうだとお答をいただきます。でも、同時にネガティブな意図も叶いやすくなりますので、その点は気をつけていただくよう、お伝えしています。

でも、中には意図を叶える力がほぼ無い方も。

エネルギーワークをしたり、セッションを受けても、3次元の現実がなかなか変わっていかないのはなぜ?と思う方も多いのではないのでしょうか?

 

セッションは相乗効果

様々なセッションを受けられているクライアントさんは、何か変化が起きても、どのセッションの効果なのか、迷われるようです。

そんな質問をいただいた時は、私は、私のセッションに限らず、すべてのセッションの相乗効果だと思います、とお答えしています。

私の場合はリーディングの先生との講座が転機になりました。でも、それ以前に受けた先生方のセッションが役に立たなかったかというと、その逆です。

全てのセッションで素晴らしいエネルギー、そして気づきを頂戴しました。受けた当時はまだまだ受け入れられなかったことも、後で振り返って気づくということが多々あります。時には数年後のこともあり、いまだにわかっていないこともありますが。

どのセッションに優劣をつけることはできません。その時々で、必要なエネルギーと知識を授けていただいたと思っています。

とは言え、焦燥感に駆られている時ほど、即変化を望むもの。現実が思うように変わらないと、せっかくセッションを受けたのになぜ効果が出てくれないのか、と悲しくもなりますね。

これなら!と期待も高かっただけにがっかり感も半端ではありません。

 

現実を変える恐怖

どのセッション提供者も言われることですが、クライアントさんご自身が変わろう!と覚悟を決めないと、思う効果を得るのは難しいのです。これはなかなか飲み込みづらい事実なのですが、セッションを提供する側になって、本当にそうだなあと思うのです。

変わらないのは、その方が本心では実は変わろうとしていないから。良くも悪くも現状維持を望まれていると思われます。

現実を変えることは、実はエネルギー的にはとてつもない恐怖なのです。人は慣れてしまうもの。どれだけ大変でも、多くの人は未知のエネルギーである理想の未来よりも、慣れてしまった現状を維持することを望みがちなんですね(汗)。

でも、変わろうとしているのに!と行動をいっぱいされている方には、「ししおどし」のお話がお役に立つかもしれません。

 

「鹿威し(ししおどし)」の原理

枯渇していた私のエネルギーに、少しずつ少しずつ波動の高いエネルギーを頂いて、ようやく現実が変わった!と実感できたのは、昨年末から受けていたリーディング講座でした。

3次元でのエネルギーの変化はゆっくりです。少しずつ、少しずつ変化をしていきます。よほど行動を積極的にしていかないと、短期間で目に見えて変化することはありません。仮にあったとしても、反動というものが来ます。

エネルギー的には「ししおどし」の感じです。水が一滴ずつ一滴ずつ、少しずつ、でも確実に溜まっていき、水の量が十分になった、その瞬間にかたんと落ちる。

あと一滴!という時に受けたセッションやワークが、最後の一滴となり、現実が変わる引き金となります。

英語では「Tipping Point(傾くポイント)」と呼ばれます。てこを想像されると分かりやすいでしょうか?徐々に徐々に力を加えていき、ある一点を過ぎると、一気に傾く、そんな現象のことを言います。

物理的に実感はなかったかもしれないけれど、それまでいろいろと行動をされていたからこそ、最後の一押しで効果が現れたんですね。

 

3次元の波動はゆっくり変化

誰かが受けたセッションが効果があった!というので、自分も受けてみても、同じような効果があることって、あまりありません。そんな時は、自分には合わなかったのかな、と思ってしまいますね。

エネルギー的にみると、効果が現れるかどうかは、新しい波動のエネルギーをそれまでどれだけ蓄積してきたかによります。

目の前に展開する現実は、ご自身の波動に常に一致したもの。現実が意に反したものなのなら、波動を変えていくしかありません。

3次元は行動ありき。どんどん新しい行動をして、新しい波動を取り入れていってください。

急激に変化することがあっても、新しいエネルギーが定着していないので、一時で終わってしまうことが多いようです。宝くじで大当たりした例がそうですね。

変化は徐々に確実にが、3次元のエネルギー的には安定してよいかと思います♪

 

 

アカシックレコード リーディング『Flow 7つのステップ』ご紹介

 

おすすめの記事